薬事法の広告表現

企業や販売者に対して、薬事法は広告表現の禁止を謳っています。規則を制定することで医薬品や医療機器の購入者等が服用または使用する時、それが適正な方法で行えるような法整備をしています。ここでは、薬事法の広告表現に関する規制についてご紹介します。

薬事法に広告表現を定める理由
薬事法は、医薬品や医療機器の使用時に人体へ与えるリスクや健康被害への懸念を解消するためのものです。使用者の安全確保のためには医師や薬剤師の指導も必要ですが、まずは製品に関する広告方法も適正なものでなければなりません。薬事法は医薬品や医薬部外品、化粧品、医療機器と、それぞれに対する規則を定めています。

誇大広告の禁止
薬事法第66条は、誇大広告の禁止を謳った条文が盛り込まれています。製品の効果や効能については、明示でも暗示でも虚偽または誇大表現をすることを認めていません。根拠もなく効果があることを表現してはいけないことが、規則によって定められているのです。

特定疾病用医薬品の広告制限
がんを始めとした特定疾病は、使用した際の影響が大きく現れやすい傾向にあります。薬事法第67条では、こうした製品の広告方法、中身に対して細心の注意を払うことを求めているのです。

未承認の医薬品の広告禁止
薬事法第68条では、未承認の医薬品広告に関する規則が盛り込まれています。名称だけでなく、製造方法や効果、効能のすべてを広告してはいけません。医薬品が普及した時に起こりうるリスクを考慮すると、使用成績評価を出すなどして対策を打つ必要があるのです。

インターネット上の審査
紙媒体だけでなく、WEBサイトに掲載するときも薬事法は適用されます。規則に関する詳細はそれぞれの媒体に記載されており、広告審査は厳密なルールのもとで行われます。たとえば、クリック課金型広告に出稿する時は規則にしたがう必要があります。

違反事例
薬事法に抵触した広告掲載は年間100件以上あります。業務停止命令や改善命令を出し、改善が見られない場合は刑事摘発されるというものです。効果が約束されている、安全性が高いなど、明確な根拠がないのに打ち出している場合は薬事法違反と見られてしまいます。

薬事法の広告表現に関する規則は、一般消費者に対して甚大な影響を与えないよう未然にリスクを防ぐ役割があります。誇大広告や特定疾患、未承認の医薬品については規定の内容も厳重。薬事法の縛りを強化することで、利用時のリスクを抑えているのです。

Read More